お腹の中に神様が満タン

お腹の中に神様が満タン

我が家は自他共に認めるデブ一家。
両親と夫、3人のの平均身長は160p前後で体重はまさかの80kg。
私は何とか平均並みではあるけれど、学生時代に培った肉体がふくよかさを醸し出し始めてきています…。

 

そんな中、我が家のアイドル愛娘は大人の食べっぷりに圧倒されてなのか、離乳食の頃から小食。
出生体重も低体重だったし、体も小さい。
体格の問題もさることながら、娘はそもそも『食べる』ことに関心がないんです。

 

 

もうすぐ小学生、ランドセルの中に入った方が早いのでは…と思う今日この頃。
何とかごはん(主に炭水化物)を食べてくれないかしら…毎日思案を巡らせていました。

 

 

同居する祖母が夕食の際、「お米の中には神様が入っているだよ」と娘にご飯を食べるよう話をしました。
最初、娘は「神様食べたらお腹が痛くなるよ!、要らない!!」と猛抗議。
「お米の中の神様を食べてお腹に入れているから大きくなれるし、転んだり、病気をしても大きなけがにならないように守ってくれたり、治してくれたりしているだよ」

 

 

「………」

 

祖母の話に何やら思い当たることがあったみたい。

 

「おにぎり食べたから○○のお腹の中に神様満タンだったから、公園で痛くなかったのかな…」
数日前にお友達と行った公園のジャングルジムから転倒しましたが、奇跡的にほぼ無傷。
転ぶ前のお昼ごはん、コンビニおにぎりでした。

 

 

「そうかもしれないね」

 

 

「じゃ、今日も神様満タンにする!!」
もりもりご飯を食べてくれました。